市場ニュース

戻る
2015年11月05日10時46分

【経済】(中国)上海総合は売り先行もプラス圏回復、大口資金の流入で買い継続か


5日の上海総合指数は売り先行もプラス圏を回復。前日比0.01%安の3459.22ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時37分現在、0.36%高の3472.18ptで推移している。大口資金の流入が買い安心感を与えているもようだ。きのう4日の上海と深セン市場では計800億元(約1兆6000億円)の大口資金が流入したと報じられた。また、国有企業の再編加速など一連の政策発表も引き続き支援材料となっている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均