市場ニュース

戻る
2015年11月05日09時42分

【市況】日経平均は111円高、東証1部値上がりは1127銘柄、値下がりは627銘柄


09時40分時点の日経平均は前日比111.60円高の19038.51円。4日の米国市場では、イエレンFRB議長が「12月の利上げの可能性は残っている」と発言したことが嫌気され、NYダウは50ドル安と反落。しかし、為替が円安に振れて推移したこともあり、シカゴ日経225先物清算値は大阪比150円高の19050円に。日経平均は続伸でのスタートとなった。寄り付き後は買いが先行したが、利益確定売りに押されやや上げ幅を縮めている。

上場2日目の郵政グループ3社に関しては、日本郵政<6178>、ゆうちょ銀行<7182>ともに寄り付きから上げ幅を拡大する強い動き。かんぽ生命保険<7181>は買い気配から12%高で寄り付き、一時ストップ高まであと30円の4100円まで上昇した。引き続き高値圏での推移が続いている。

東証1部の騰落状況は値上がり1127銘柄、値下がり627銘柄。値上がり率上位銘柄は、アイスタイル<36660>、かんぽ生命保険<7181>、古河電工<5801>、ディア・ライフ<3245>、日本光電<6849>など。値下がり率上位は、タカタ<7312>、曙ブレーキ<7238>、FUJIMI<5384>、あすか薬<4514>、電子材料<6855>など。

【東証一部の騰落状況】
値上がり数 1127
値下がり数 627
変わらず 153
値付率 99.8%

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均