市場ニュース

戻る
2015年11月04日19時00分

【テク】日経平均テクニカル:反発、19000円固めから26週線を意識してくるか


4日の日経平均は反発。ギャップ・アップからのスタートとなり、5日線を回復。その後はもち合いレンジでの上限での攻防となった。ボリンジャーバンドでは+1σと+2σとのレンジを回復。バンドは上昇傾向にあるため、これに沿ったリバウンドが改めて意識されている。一目均衡表では雲上限に跳ね返された格好。ただし、雲上限は明日以降、18924円辺りで横ばい推移をみせてくる。雲を上放れてくる可能性があり、トレンドが強まる展開が期待されてくる。週足ベースの一目均衡表では基準線が18899円、雲上限が19041円辺りに位置している。中期トレンドでもシグナルが好転してくる可能性が高まった。週足では13週線を支持線に上放れをみせてくる可能性も高まってきており、19000円固めから26週線が位置する19500円処への意識がみられるかが注目される。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均