市場ニュース

戻る
2015年11月04日18時09分

【為替】欧州為替:ドル反発、米ダウ先物の上昇受け


欧州株がほぼ全面高となるなか、リスク選好的な地合いとなり、ドル・円は値を戻す展開。東京取引時間帯では121円00銭まで下げたが、足元では121円30銭付近まで値を上げた。米ダウ先物の時間外取引での上昇に連動しているとみられる。


欧州市場で、ドル・円は121円05銭から121円30銭、ユーロ・ドルは、1.0917ドルから1.0940ドル、ユーロ・円は132円28銭から132円57銭のレンジ内で推移した。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均