市場ニュース

戻る
2015年11月04日14時44分

【市況】国内大手証券、地銀セクターに対し慎重な投資スタンスを継続

 野村証券の地銀セクターのリポートでは、日銀が「都道府県別預金・現金・貸出金」を発表したことを受け、貸出残高が総じてプラス基調を維持、モメンタムも改善基調にある県が多い点は地銀セクターにとってプラスと指摘。それでも、金利低下や競争激化に起因する国内利ざやの悪化傾向は不変、有価証券利息配当金の寄与を除いた顧客関連の国内資金利益は緩やかな減少傾向を継続しているとの見方で、地銀セクター全体では大手行対比で割安感に乏しい株価水準となっていることにも着目。
 同セクターに対し、「慎重な投資スタンス」を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均