市場ニュース

戻る
2015年11月04日14時12分

【為替】東京為替:ユーロの下値メドは1.0900ドル、欧米金融政策の違いは織り込み済み


アジア株が堅調地合いのなか、リスク選好地合いが強まっているわりに、ユーロ売りは限定的にとどまっている。ある邦銀関係者は「欧州中央銀行が量的緩和拡大の方針をすでに示しており、欧米の金融政策の違いは織り込み済み」と指摘する。そのうえで、ユーロ売りポジションが積み上がっていることから、目先ユーロ売りは大きく進まず、下値メドを1.0900ドルと想定する。


ユーロ・ドルは1.0938ドルから1.0968ドル、ユーロ・円は132円62銭から132円91銭で推移した。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均