市場ニュース

戻る
2015年11月04日11時03分

【材料】沖縄セルラーが3日続落、国内大手証券がレーティングを格下げ

沖縄セルラー 【日足】
多機能チャートへ
沖縄セルラー 【日中足】

 沖縄セルラー電話<9436>が3日続落。ウリ気配で始まり、前日比130円安の3225円できょうの取引を開始。現在も軟調な値動きとなっている。
 野村証券では、沖縄は全国平均よりも音声通話収入比率が大きく、15年8月に導入した音声定額制導入による減収影響が続いていると指摘。16年3月期の会社計画業績は達成可能とみているものの、総務省での低利用顧客向けの料金新設議論の行方も見守る必要があるとの見方で、新たな成長ドライバーの構築が今後の課題になると解説。
 レーティングを「バイ」から「ニュートラル」に、目標株価4230円から3680円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均