市場ニュース

戻る
2015年11月04日10時13分

【材料】KDDIが急反発、「上期連結営業益3年連続最高益更新」と報じられる

KDDI 【日足】
多機能チャートへ
KDDI 【日中足】

 KDDI<9433>が急反発。買いが先行し、寄付き直後には130円50銭高の2980円まであった。4日付け日本経済新聞朝刊が「2015年4-9月期の連結営業益(国際会計基準)は4500億円弱だったようだ」、「会計基準の変更で単純比較はできないが、日本基準だった前期比で17%増で上期として3年連続で最高益を更新する」と報じたことが買い材料。ただ、買い一巡後はやや上値の重い展開に・・。

 報道では、スマートフォン(スマホ)の普及でデータ通信収入が伸びた。固定通信とセットの料金割引が効き、携帯の契約純増数が拡大。番号持ち運び制度(MNP)による他社からの転入超加が続いたことや、タブレットやデータ通信端末との複数台数所有も広がり、1人当たり月額平均収入は3%ほど伸び、ミャンマーで展開する携帯電話も好調だと指摘した。

 9月29日に2519円と3月株式分割落ち後安値を付けた後、10月14日に二番底を打って上げに転じた。前週末に、7週間ぶりに短期線移動平均線から長期線まで全て上回って終了し、先行き強気相場を示唆したことも買いを誘っているようだ。
(執筆者:熱田和雄 ストック・データバンク)

【関連記事・情報】

日経平均