市場ニュース

戻る
2015年11月04日09時22分

【材料】フェイスが急反発、音楽2次利用が好調で16年3月期営業利益予想を上方修正

フェイス 【日足】
多機能チャートへ
フェイス 【日中足】

 フェイス<4295>が急反発。2日の取引終了後、16年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の200億円から191億円(前期比2.5%減)へ下方修正した一方、営業利益を4億円から7億3000万円(前期8億9100万円の赤字)へ上方修正したことが好感されている。
 コンテンツ事業の音楽配信サービスの売り上げが計画を下回る見込みであることから、売上高は下方修正したが、コロムビア事業で音源2次利用にかかる売り上げが増加したことや、前期に実施した構造改革による固定費削減などグループ全体で経費削減を推進したことが寄与する見通しだという。

フェイスの株価は9時19分現在1427円(△125円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均