市場ニュース

戻る
2015年11月04日07時25分

【経済】NYの視点:中国マネーがビットコインや金へ


仮想通貨ビットコインの価格はほとんどの取引所で節目となっていた400ドルを突破し、1年ぶりの高値を更新した。株式相場の急落や政府が資本規制を強めている動きを受けて、中国の貯蓄者は資産を徐々に、規制を回避できるようなものへ移行し始めているようだ。ビットコインの総価値は2ヶ月前時点の30億ドル規模から50億ドル規模に膨らんだという。中国人民元ベースでの価格がドルやユーロベースを上回っていることは、特に中国勢の買い意欲が強いことをあらわしている。

景気底入れで輸出競争力の改善を目指し、中国政府は8月11日に人民元の切り下げに踏み切った。世界の金融市場にサプライズを与え、思惑通り輸出競争力は改善した。しかし、同時に、中国からの資本流出も加速。このため、中国政府は人民元を売ってドルなどの外貨を買う為替予約で、利用者の負担を増大させる新規制を導入、資本流出の防衛に努めている。

中国の貯蓄総額は22兆ドル規模と言われている。中国国民が保有している一部の資産の移管を決断した場合、規制の隙間を潜り抜けられる選択は限られ、ビットコインまたは金にさらなる資金が向かうことになる。

《NO》

 提供:フィスコ

日経平均