市場ニュース

戻る
2015年11月03日11時17分

【材料】かんぽ生命保険<7181>相対的な好パフォーマンスを予想、「かんぽの宿」はインバウンド関連に

かんぽ生命 【日足】
多機能チャートへ
かんぽ生命 【日中足】


かんぽ生命保険<7181>は、グループ3社のなかでも配当利回りの高さを背景に個人投資家からの人気が高いうえ、売出額が相対的に小さいため、公開価格に対する初値上昇率も他2社をやや上回るとみられる。セカンダリーでも個人投資家やパッシブファンド等の資金流入が期待される。

その他、注目されるところでは「かんぽの宿」である。かんぽの郷は全国各地にあり、ほとんどの宿が観光地の近くに立地しており、現在、全国50箇所で運営。郵政民営化前は簡易保険加入者のみを対象とする「福祉施設」であったが、郵政民営化後は通常のホテルとして運勢されている。

全国展開により、「かんぽの宿から世界遺産を見に行こう」といった企画物等も展開している。訪日外国人旅行客の増加で注目されているインバウンド消費への思惑にもつながると考えられる。

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均