市場ニュース

戻る
2015年11月02日19時57分

【市況】ISM製造業景気指数を見極める格好に


19:40時点のグローベックス米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小動きに推移している。


10月30日のNY市場は下落。売り買い交錯となる中、銀行株に売りが広がり、引けにかけて下落する展開となった。ダウ平均は92.26ドル安の17663.54、ナスダックは20.53ポイント安の5053.75。


グローベックスの米株先物はNYダウで20ドル高程度を織り込んで推移している。欧州ではユーロ圏製造業PMI改定値が市場予想を上回ったことを材料視する流れもみられている。一方、ロンドンでは石油株や鉱業株が弱い動きをみせており、中国経済の先行き不透明感が根強く、原油相場の動向などが気掛かりである。


また、経済指標ではISM製造業景気指数が発表される。コンセンサスは50.0と前月(50.2)から若干低下が見込まれている。この数字を維持できるかどうかがポイントであり、下回るようだと利上げ観測の後退にはつながるものの、マーケット自体は嫌気されよう。その他、サンフランシスコ連銀総裁の講演が予定されている。12月利上げに関する発言等が相場の変動要因になる可能性がある。今週は雇用統計を控えていることもあり、それまでに発表される経済指標に対して敏感になりやすい面もある。

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均