市場ニュース

戻る
2015年11月02日13時50分

【為替】東京為替:一部市場関係者は「日経平均は引けにかけて下げ幅を縮小する」


東京為替市場でドル・円は120円30銭台と円高進行は一服している。後場一段安となった日経平均がやや下げ幅を縮小していることが影響しているもよう。一部市場関係者は「明日の祝日を前に先物市場では買戻しが入る可能性がある」と指摘。「仮に買戻しが進めば、ドル・円は120円50銭台辺りまで値を戻す」と見ている。
《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均