市場ニュース

戻る
2015年11月02日13時05分

【市況】13時時点の日経平均は431円安、メガバンク3行の弱さが目立つ


13時時点の日経平均は431.89円安の18651.21円で推移している。先物主導で下げ幅を広げる格好となっており、下落幅は400を超えてきている。これにより10月23日の上昇局面で空けていたマドを埋めつつある。
セクターでは鉄鋼、海運、陸運、電力ガス、倉庫運輸、銀行、非鉄金属、食料品、不動産などの弱さが目立つ。売買代金上位では、メガバンク3行が弱いほか、トヨタ<7203>、任天堂<7974>、ファナック<6954>、KDDI<9433>、ソニー<6758>などの弱さが目立つ。一方で、村田製作<6981>、日東電工<6988>が引き続き堅調。

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均