市場ニュース

戻る
2015年11月02日11時15分

【材料】アパマンショップHD---16年9月期は増収・2ケタ営業増益を見込む

アパマンショ 【日足】
多機能チャートへ
アパマンショ 【日中足】


アパマンショップホールディングス<8889>が29日に発表した2015年9月期決算は、売上高が前期比1.7%増の372.70億円、営業利益が同14.2%増の24.07億円、経常利益が同16.9%増の16.82億円、主に税制改正の影響と税効果スケジュールの見直しにより当期純損失が36.66億円となった。

セグメント別業績では、斡旋事業の売上高は前期比2.1%増の113.21億円、営業利益は同1.7%増の20.86億円となった。当期末の賃貸斡旋加盟契約店舗数は、直営店95店舗を含み1,159店舗(前年同期比27店舗増)となった。

プロパティ・マネジメント事業の売上高は同0.0%増の236.58億円、営業利益は同24.5%増の13.00億円となった。入居率向上や原価低減への取組みの強化に加え、関連サービス業務の拡大、営業活動の強化・推進などが奏功し、管理戸数が前年同期比3,066戸増の63,492戸(賃貸管理戸数35,851戸、サブリース管理戸数27,641戸)と増加した。

PI・ファンド事業は不動産の入居率向上及び経費削減で、売上高は同5.5%増の19.38億円、営業利益が1.21億円(前年同期は0.08億円の損失)となった。その他事業の売上高は同68.5%増の11.56億円、営業損失が2.06億円(同0.77億円の損失)だった。

2016年9月期の見通しは、売上高が前期比4.6%増の390.00億円、営業利益が同12.1%増の27.00億円、経常利益が同36.7%増の23.00億円、当期純利益が14.00億円を見込んでいる。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均