市場ニュース

戻る
2015年11月02日10時25分

【材料】<前場の注目銘柄>=ハリマ化成G、FDA基準対応で新製品

ハリマ化成G 【日足】
多機能チャートへ
ハリマ化成G 【日中足】

 ハリマ化成グループ<4410>の16年3月期通期の連結営業利益は17億円(前期比74.7%増)と大幅増益を見込む。タイヤ用合成ゴムの製造に使用する乳化剤が好調に推移し、タッチパネルなどに用いられる光学フィルム用表面塗工剤なども増加している。

 また、同社は米国食品医薬局(FDA)基準に対応した新規製紙用薬品の開発に成功。この新製品は、パルプを抄紙する工程でサイズ性(紙の吸水性をコントロールしインキのにじみを防ぐ)を付与する薬品。FDAが化学物質の製品からの溶出について厳しく規定しており、承認を得たことで需要拡大が見込める。

 株価は下値固め完了から上放れが鮮明となってきた。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均