市場ニュース

戻る
2015年11月02日09時27分

【市況】日経平均は255円安でスタート、利益確定の流れが先行し下げ幅は一時300円超に/寄り付き概況


日経平均 : 18827.11 (-255.99)
TOPIX  : 1539.44 (-18.76)

[寄り付き概況]

 日経平均は反落で始まった。10月30日の米国市場は、売り買い交錯となる中で銀行株に売りが広がり、引けにかけて下落する展開となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比210円安の18880円だった。これにさや寄せする格好から、利益確定の流れが先行している。下げ幅は300円超に。

 売買代金上位ではトヨタ<7203>、任天堂<7974>、三井住友<8316>、ソフトバンクグ<9984>、ソニー<6758>、ファナック<6954>などが冴えない。半面、上方修正を発表した村田製<6981>が大幅に上昇。富士重<7270>、NTTドコモ<9437>などがしっかり。セクターでは、ガラス土石が上昇。一方で、鉄鋼、海運、その他金融、銀行、電力ガス、陸運、非鉄金属、倉庫運輸、パルプ紙などが軟調。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均