市場ニュース

戻る
2015年11月02日09時03分

【市況】個別銘柄戦略:主力銘柄の決算は総じて堅調な内容に


先週末は主力株の決算発表が相次いでおり、他に目立った手掛かり材料も乏しいことから、決算内容を受けての個別物色の様相が一段と強まりそうだ。ただ、休日の谷間とあって、短期資金が中心の展開とも捉えられる。休み明けには郵政グループの上場も控えており、主力株には換金売り圧力への警戒感なども高まりやすい。主力銘柄の決算はサプライズまではないが、総じて堅調と捉えられる。村田製やヤフー、TDK、日東電工、ドコモ、武田薬品、日本航空、イビデン、電気硝子など。なお、建設関連でも上方修正が引き続き相次いでいるが、こちらは総じて出尽し感につながる動きか。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均