市場ニュース

戻る
2015年11月02日07時10分

【市況】NY原油先物週間見通し:下落か、中国経済の減速懸念とドル先高観で


■NY原油先物
安値:42.58ドル
高値:47.03ドル
終値:46.59ドル
前週末比(騰落率):4.46%

■上昇、供給過剰感の後退から買い戻し優勢

上昇。石油リグ(掘削装置)の稼働数は5年ぶりの水準に落ち込んでおり、供給過剰感の後退から買い戻しの流れが強まった。また、米政府がシリアに特殊部隊を派遣し、軍事介入を拡大する姿勢を示しており、地政学リスクの高まりが意識される格好から買いが入ったとみられる。


■下落か、中国経済の減速懸念とドル先高観で

想定レンジ:41.00~46.00ドル

下落か。1日に発表される中国の製造業・非製造業購買担当者景気指数(PMI)などで減速懸念が意識され、売りにつながる可能性があろう。また、米年内利上げ観測を背景にドル買いの本格化が予想されることも、原油の売りにつながりやすい見通し。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均