市場ニュース

戻る
2015年10月30日22時16分

【市況】30日の日本国債市場概況:日銀追加緩和見送りも債券先物は148円59銭まで買われる


<円債市場>

長期国債先物2015年12月限
寄付148円54銭 高値148円59銭 安値148円37銭 引け148円56銭
売買高総計36684枚

2年 358回 0.005%
5年 125回 0.040%
10年340回 0.305%
20年154回 1.065%


債券先物12月限は148円54銭で取引を開始し、148円37銭まで下げたが、
午後の取引で148円59銭まで買われた。日本銀行は30日に開いた金融
政策決定会合で金融政策の現状維持を決めたが、早期追加への期待は
後退しなかった。長期債などの押し目買いが散見された

<米国債概況>
2年債は0.74%、10年債は2.16%、30年債は2.94%近辺で推移。
長期債利回りはやや低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.53%、英国債は1.93%、オーストラリア10年債は2.61%、
NZ10年債は3.28%で推移。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]
・22:45 米・10月シカゴ購買部協会景気指数(予想:49.4、9月:48.7)
・23:00 米・10月ミシガン大学消費者信頼感指数確定値(予想:92.5  速報値92.1)
・23:00 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁が討論会参加
・24:25 ジョージ米カンザスシティー連銀総裁講演(連邦準備機構ついて)

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均