市場ニュース

戻る
2015年10月30日16時13分

【材料】島精機の第2四半期は減収減益、横編機や手袋靴下編機事業が2ケタの減収に

島精機 【日足】
多機能チャートへ
島精機 【日中足】

 島精機製作所<6222>は30日引け後、16年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比12.7%減の225億1300万円、営業利益は同34.5%減の19億9200万円で着地した。
 デザインシステム関連事業で主力製品の「SDS-ONE APEX3」は国内、海外市場ともに売り上げが増加したほか、自動裁断機「P-CAM」の売り上げが引き続き拡大した結果、事業全体の売上高は18億2100万円(前年同期比17%増)となった。ただ、コア・ビジネスの横編機事業や手袋靴下編機事業が2ケタの減収となった。利益面では売上総利益率は改善したものの貸倒引当金繰入額や人件費の増加などで販管費率が増加したことなどが響いた。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均