市場ニュース

戻る
2015年10月30日09時43分

【材料】京セラが急反落、16年3月期業績予想の減額を嫌気 ゴールドマンは目標株価引き下げ

京セラ 【日足】
多機能チャートへ
京セラ 【日中足】

 京セラ<6971>が急反落。株価は一時前日比305円(5.2%)安の5610円まで売られた。29日の取引終了後、16年3月期連結業績予想の減額修正を発表したことが嫌気された。今3月期の連結純利益は1200億円から前期比27%減の850億円に減額した。太陽電池や携帯電話の販売不振、それにスマートフォン向け部品の鈍化などが響いた。この発表を受け、ゴールドマン・サックス証券は29日、同社株の目標株価を5700円から5500円に引き下げた。投資判断の「中立」は継続した。第2四半期業績の弱さや前期で一巡したと思われたリストラ費用が発生した点を「ネガティブ」と指摘。新たな株主還元策が発表されず「株価は低位推移を続ける」とみている。

京セラの株価は9時39分現在5623円(▼292円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均