市場ニュース

戻る
2015年10月29日14時27分

【経済】12月に利上げを行う用意があることを表明したFRB


 28日に開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合後に公表された声明は、次回12月15-16日の会合で利上げが決定される可能性があることを示唆する内容だった。市場関係者の間からは、年内利上げは微妙だったが、これで12月の利上げに改めて備える必要があるとの声が多く聞かれている。

 FOMCの声明は12月利上げを確約するものではないが、世界経済の情勢が急激に悪化するなどの想定外のことが起きない限り、米連邦準備制度理事会(FRB)は次回のFOMC会合で利上げを決定するだろう。

 利上げのペースについては、声明で「インフレの展開を綿密に監視していく」と述べていることから、インフレ動向次第。インフレはFRBの目標を下回っており、この状態が続くならば、今後1年間で利上げは数回程度、2016年末時点で政策金利は1%程度にとどまりそうだ。
《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均