市場ニュース

戻る
2015年10月29日13時03分

【材料】<後場の注目銘柄>=ラック、マイナンバー本格運用で恩恵

ラック 【日足】
多機能チャートへ
ラック 【日中足】

 ラック<3857>は1200円から1400円台のもみ合いで推移していたが、9月中間期業績の上方修正をきっかけに上昇志向を強めている。

 同社は情報セキュリティーサービスに強みを持つ情報サービス会社。金融向けや公共向けシステム開発が想定を上回ったことから、9月中間期の営業利益予想を5億1000万円から6億6000万円に上方修正した。

 下期以降も引き続き企業のIT投資増を受けてシステム開発の堅調が見込まれるほか、マイナンバー制度の本格運用などに向けて情報セキュリティー関連の売り上げも増加するとみられている。会社側の15年3月期営業利益23億円(前期比1%減)予想は上振れ濃厚との見方が強い。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均