市場ニュース

戻る
2015年10月29日12時45分

【市況】日経平均は37円安で後場スタート、前引け値から下げ幅を拡大/後場の寄り付き概況


日経平均 : 18865.90 (-37.12)
TOPIX  : 1542.66 (-4.53)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から下げ幅を拡大させて、後場の取引を開始している。ランチタイムの225先物は、じり安基調が続く中、18840-18880円辺りでの推移。昼のバスケットは小幅に売り越しとの観測。円相場は1ドル120円70銭辺りと、朝方からは円高に振れて推移している。下げが目立っていた任天堂<7974>は、後場一段安。DENA<2432>は一時ストップ安まで売り込まれている。

 セクターでは医薬品、機械、卸売、精密機器、石油石炭、鉱業などが堅調。半面、証券、その他製品、空運、繊維などが冴えない。規模別指数では小型株指数のみが小幅に上昇、大型株指数の弱さが目立つ。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均