市場ニュース

戻る
2015年10月29日11時42分

【材料】ロームが小動き、欧州大手証券は上期決算での悪材料出尽くしを想定

ローム 【日足】
多機能チャートへ
ローム 【日中足】

 ローム<6963>が小動き。買い優勢で始まり、高いところでは前日比70円高の6170円まで買われたものの、その後は上げ幅を縮小している。
 クレディ・スイス証券では、業績低迷の主因はPC向けとみて、車載・産業機器を中心とした中期業績シナリオは不変と指摘。米系アナログ、ディスクリート半導体関連企業も7~9月期決算発表後に株価は底打ち反転しているため、同社株も上期決算での悪材料出尽くしを想定。
 レーティング「アウトパフォーム」を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均