市場ニュース

戻る
2015年10月29日09時30分

【市況】日経平均は143円高でスタート、幅広い銘柄に買いが先行/寄り付き概況


日経平均 : 19046.16 (+143.14)
TOPIX  : 1558.09 (+10.90)

[寄り付き概況]

 日経平均は続伸で始まり、19000円を回復。米株高の流れを受けたシカゴ先物にさや寄せする格好から幅広い銘柄に買いが先行した。東証1部の値上がり数は1000を超えており、全体の過半数を占めている。規模別指数では大型、中型、小型株指数ともに上昇。セクターでは原油先物など商品相場の上昇の流れを受けて、鉱業、機械、石油石炭、電気機器、海運、卸売、ガラス土石、ゴム製品、精密機器、金属製品などが上昇。一方で、証券、空運、電力ガス、繊維、小売、パルプ紙などが冴えない。

 売買代金上位ではソフトバンクグ<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、村田製作<6981>、パナソニック<6752>、三井物<8031>などが堅調。一方で、トヨタ<7203>、野村HD<8604>、日立<6501>、旭化成<3407>が利食い優勢に。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均