市場ニュース

戻る
2015年10月28日09時53分

【材料】アクロディアとDDSが大幅反発、指紋認証技術と連動した「デジタルコペル」のデモアプリ開発

アクロディア 【日足】
多機能チャートへ
アクロディア 【日中足】

 アクロディア<3823>が大幅反発し、一時、前日比57円(11.5%)高の553円まで買われている。27日の取引終了後、ディー・ディー・エス<3782>が同日発表した世界初のウエアラブル指紋認証機器「magatama(マガタマ)」に対応した、知育アプリ「デジタルコペル」のデモアプリケーションを開発したと発表しており、これを好感した買いが入っている。
 親子で楽しめる知育アプリ「デジタルコペル」は、コンテンツの購入に保護者の承認が必要で、現在は保護者と幼児・子供を識別するために簡単な四則演算を行っている。しかし、四則演算では確実に保護者であることを識別しているとは言い切れないことから、指紋認証を利用することで、確実な保護者の承認による課金手続を実現したという。
 なお、DDSの「magatama」は、ホルダーとモジュールで構成された世界初のウエアラブル指紋認証機器。ホルダー部分は、モジュールから簡単に脱着可能で、アクセサリーや腕時計に登載するなど多様なデザインの組み合せが可能としている。

アクロデアの株価は9時48分現在529円(△33円)
DDSの株価は9時48分現在567円(△67円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2015年10月28日 09時53分

【関連記事・情報】

日経平均