市場ニュース

戻る
2015年10月28日08時09分

【市況】やや自律反発を意識/日経225・本日の想定レンジ


[本日の想定レンジ]
 27日のNY市場は下落。連邦公開市場委員会(FOMC)結果を見極めたいとの思惑から手控えムードとなる中、原油安や携帯端末大手アップルの決算への警戒感から軟調推移となった。ダウ平均は41.62ドル安の17581.43、ナスダックは4.56ポイント安の5030.15。シカゴ日経225先物清算値は大阪比10円高の18850円。

 アップルの時間外の上昇が材料視されやすく、前日に売り込まれていた電子部品株への買戻しが意識される。ファナック<6954>の自律反発も意識しておきたい。そのため、5日線を支持線とした底堅さ、ボリンジャーバンドの+1σと+2σとのレンジ推移が継続しよう。一目均衡表では雲の中での推移。週足ベースでは基準線辺りでの攻防になりそうだ。18750-18900円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 18900円-下限 18750円

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均