市場ニュース

戻る
2015年10月27日14時50分

【市況】国内証券、日経平均は12月初めまで1万7500円~1万9500円中心のレンジ推移を予想

 みずほ証券の日経平均のテクニカル分析では、今週は乱高下しやすく前半高、後半安になりそうと指摘。11月に入ると下値模索の動きが強まりそうとの見方で、200日線を超えても再び下回る可能性があり、200日線を本格的に超えるのは12月になると解説。11月は1万8500円を下回る可能性があるとみて、1万8500円を下回った場合は1万7500円から1万8000円が下値抵抗帯になると想定。
 12月初めごろまでは、1万7500円から1万9500円を中心としたレンジで推移すると予想している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均