市場ニュース

戻る
2015年10月26日20時57分

【市況】<株式トピックス>=日米の金融政策発表を前に手控えムード強まる

 26日の東京株式市場は買い優勢でスタートし、日経平均株価は寄り付き時点で8月31以来となる1万9000円大台を回復した。ただ、その後は伸び悩み、終値は前週末比121円82銭高の1万8947円12銭となった。また、東証1部の売買代金は2兆1253億円にとどまっている。
 22日に欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁が定例理事会後の記者会見で、12月にも追加金融緩和に動く可能性を示唆。さらに、中国人民銀行が23日に、追加の金融緩和に踏み切ったことで世界的な金融緩和ムードの意識が強まっている。
 こうして、金融緩和の波が押し寄せるなかで、米連邦公開市場委員会(FOMC=27~28日)、日銀金融政策決定会合(30日)と、今週半ばから後半にかけて、日米両国の金融当局による政策発表に対して、関心が非常に高まっていることは確かだ。したがって、その内容を見極めたいという心理から、売り買いともに積極的な投資行動を回避する流れが続きそうだ。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均