市場ニュース

戻る
2015年10月26日20時16分

【市況】中国に政策期待、ナスダックは達成感か


『米株式市場』


23日のNY市場は上昇。中国人民銀行が追加利下げなどの金融緩和策を発表し、世界主要株価が全面高となった流れを受け、買いが先行。昨日マーケット終了後に主要ハイテク企業が相次いで好決算を発表したことも手伝い、終日堅調推移となった。ダウ平均は157.54ドル高の17646.70、ナスダックは111.81ポイント高の5031.86。


中国の利上げやハイテク企業の好決算を評価した流れの反動も意識されやすいだろう。26-29日に中国で経済運営の5カ年計画を協議する中央委員会第5回全体会議(5中全会)が開催されている。政策期待は高まりやすいが、上海指数は小幅な上昇。ハンセン指数は下げており、様子見姿勢につながる。また、ナスダックは先週の大幅上昇で一気に節目の5000ptを回復しており、いったん達成感も。


また、27-28日にはFOMC(連邦公開市場委員会)が開催される。利上げが決定される可能性は極めて低いが、FRB高官からは引き続き年内利上げを支持する発言も多く、声明文の内容から年内利上げの可能性を見極めたいとのムードも高まりやすいだろう。なお、経済指標では新築住宅販売件数が予定されている。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均