市場ニュース

戻る
2015年10月26日17時37分

【材料】ローツェが自動培地交換機能搭載の細胞培養装置「CellKeeper」を開発

ローツェ 【日足】
多機能チャートへ
ローツェ 【日中足】

 ローツェ<6323>がこの日の取引終了後、iPS細胞など各種細胞の自動培養を実現するメカトロCO2インキュベーターのシリーズ第2弾として、新たに自動培地交換機能搭載の細胞培養装置「CellKeeper」を関連会社のアイエス・テクノロジー・ジャパン(茨城県つくば市)と共同で開発し、来年3月にも販売を開始すると発表した。
 「CellKeeper」は、細胞培養操作において従来、作業者が日夜・休日を問わず手作業で行っていた培地交換を自動化したもの。高湿度環境下の庫内から、故障の原因となるモーターなどの電気部品・駆動系を完全隔離することで信頼性を向上させているほか、乾熱滅菌に対応していることや、同社製の搬送ロボットによる自動搬送を行うことなどが特徴で、これにより一層効率的なiPS細胞をはじめとする細胞の培養が可能になるとしている。
 なお、価格は1480万円から。同社では17年2月期は10台の販売を計画。19年2月期には100台の販売を目標としている。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均