市場ニュース

戻る
2015年10月26日14時04分

【材料】花王が上げ幅を縮小、米系大手証券は「力強いおむつ事業の拡大や利益率上昇は高評価」と

花王 【日足】
多機能チャートへ
花王 【日中足】

 花王<4452>が4営業日続伸。朝方は前週末比185円(3.1%)高の6053円まで買われる場面があったものの値を消し、一時はマイナスに沈む場面があった。同社が23日引け後に発表した15年12月期第3四半期累計(1~9月)決算を受け、ゴールドマン・サックス証券がリポートをリリースしている。
 同社が想定以上の原料安効果を主因に通期の営業利益予想を50億円増額修正したことについて、同証券は更なる上振れ余地があるとの見解を示している。同証券ではまた、花王に対する業績予想の増額修正に伴い目標株価は5350円から5450円へ引き上げ、セクター相対で投資判断は「中立」を継続するものの、「力強いおむつ事業の拡大や利益率上昇は高評価」ともしている。
《MK》

株探ニュース


日経平均