市場ニュース

戻る
2015年10月26日12時52分

【市況】日経平均は239円高で後場スタート、前引け値から若干上げ幅を拡大/後場の寄り付き概況


日経平均 : 19064.50 (+239.20)
TOPIX  : 1567.95 (+20.11)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から若干上げ幅を広げて後場の取引を始まっている。ランチタイムの225先物は19060-19090円のレンジ内での推移が続いている。昼のバスケットは買い越しとのジャン即。円相場は1ドル121円12銭辺りと、朝方からはやや円高に振れて推移している。

 セクターでは空運、電気機器、保険、機械、証券、その他製品、医薬品、銀行、鉄鋼などが堅調。一方で、海運、鉱業、食品が小安い。売買代金上位では、トヨタ<7203>、日立<6501>、ソニー<6758>、メガバンク3行、ソフトバンクグ<9984>、旭化成<3407>、ファナック<6954>、日本電産<6594>、村田製<6981>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>などが堅調。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均