市場ニュース

戻る
2015年10月26日09時17分

【市況】日経平均は210円高でスタート、8月31日以来の19000円を回復/寄り付き概況


日経平均 : 19036.13 (+210.83)
TOPIX  : 1566.61 (+18.77)

[寄り付き概況]

 日経平均は上昇して始まり、ザラバベースでは8月31日以来の19000円を回復している。23日の米国市場ではハイテク企業の好決算などが好感され、NYダウ、ナスダックともに上昇。ナスダックは約2ヶ月ぶりに5000ptを回復している。この流れを受けてシカゴ日経225先物清算値は大阪比340円高の19140円となり、これにさや寄せする格好から始まった。

 セクターでは保険、空運、証券、電気機器、輸送用機器、銀行、機械、非鉄金属、鉄鋼、繊維などが堅調。一方で、業績下振れ観測が伝えられた海運が下落率トップ。鉱業、食品が気安い。売買代金上位では、トヨタ<7203>、ソニー<6758>、メガバンク3行、ソフトバンクグ<9984>、日本電産<6594>、ファナック<6954>、村田製<6981>が堅調。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均