市場ニュース

戻る
2015年10月25日12時51分

【市況】NY原油先物週間見通し:こう着か、5中全会で需要期待が高まるか目極め


■NY原油先物
安値:44.20ドル
高値:47.91ドル
終値:44.60ドル
前週末比(騰落率):-6.54%

■大幅下落、イラン、中国の需給思惑やOPEC会合を嫌気

大幅下落。イラン制裁解除後の石油増産への思惑や中国経済の減速が一段と鮮明となるなか、週初から弱い値動きに。さらに、21日に開催された石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国8カ国による市場専門家会合おいて、供給過剰を背景とした原油安対策に向けた協議が行われなかったことが、一段の下げにつながった。


■こう着か、5中全会で需要期待が高まるか目極め

想定レンジ:42.00~47.00ドル

こう着か。同指数は前週までの調整で直近安値水準まで下げてきており、いったんはリバウンドが意識されやすい水準。また、価格下落の一因である中国においては、第18期中央委員会第5回全体会議(5中全会)が26日から開催される。需要増への思惑が高まる可能性もあり、底堅さが意識されよう。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均