市場ニュース

戻る
2015年10月25日12時51分

【市況】NY金先物週間見通し:もみあいか、米金融政策動向を見極める展開


■NY金先物
安値:1,158.60ドル
高値:1,181.40ドル
終値:1,162.80ドル
前週末比(騰落率):-1.72%

■下落、ドル高や欧米株高が嫌気される

NY金先物は下落。中国人民銀行(中央銀行)が23日に追加緩和を発表したことが好感される局面があったが、欧米諸国の株高や米ドル相場の上昇が重石となった。中国人民銀行による追加緩和は投資家のリスク志向を高めるとの見方があり、安全逃避的な金買いは縮小気味となった。


■もみあいか、米金融政策動向を見極める展開

想定レンジ:1,150.00~1,190.00ドル

NY金先物はもみあいか。米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合結果は28日に判明する。金融政策の現状維持が賛成多数で決まる見込みだが、声明で12月利上げの可能性が示された場合、金先物の上値は重くなりそうだ。主要通貨に対する米ドル高が継続する可能性があることも金先物の上昇を抑える一因となる。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均