市場ニュース

戻る
2015年10月23日16時05分

【材料】石油資源、国産原油天然ガス販売価格が想定を上回って推移し中間期利益予想を上方修正

石油資源 【日足】
多機能チャートへ
石油資源 【日中足】

 石油資源開発<1662>は引け後、16年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結業績予想の修正を発表。売上高は従来予想の1440億1900万円(前年同期比1.9%減)から1241億5800万円(同15.5%減)に引き下げたものの、営業利益を38億9900万円(同74.2%減)から54億800万円(同64.2%減)に、当期純利益を58億4800万円(同69.0%減)から79億6300万円(同57.8%減)に上方修正した。
 売上高はイラクのガラフ油田などの原油販売が第3四半期へ後ろ倒しとなることで減少するものの、営業利益や純利益は、国産原油天然ガス販売価格が想定を上回って推移したことや国産原油販売数量の増加、持ち分法による投資利益の増加により見通しを上回るかたちとなった。
《MK》

株探ニュース

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均