市場ニュース

戻る
2015年10月23日14時51分

【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」5位に富山銀

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の23日14時現在で、富山銀行<8365>が「売り予想数上昇」で5位となっている。

 21日の取引終了後に、東京証券取引の承認を受けて、10月28日付で東証2部から東証1部銘柄に指定されることになったと発表。これを受けて22日にはストップ高まで買われたが、この日も大幅高となっている。
 同社は富山県を地盤とする地方銀行で、6月末預金残高は4362億500万円と全国地方銀行協会加盟行の中でも最小規模の一行。東証1部指定を機に、3月31日時点で100株(1単元)以上を1年間継続して所有している株主に対して、保有株数に応じてセブンプリカを贈呈する株主優待制度を導入すると発表。100株以上500株未満で2000円分、500株以上で5000分を贈呈するとしており、16年3月末時点の株主から開始するとした。
 同時に、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、経常利益を従来予想の4億円から12億5000万円(前年同期比26.4%増)へ、純利益を同3億5000万円から8億5000万円(同6.4%増)へ上方修正した。有価証券の運用収益が当初予想を上回ったことに加え、与信関連費用が当初予想を下回っていることなどが要因としている。
 東証1部指定、株主優待制度の導入、9月中間期業績見込みの上方修正と好材料が出たことで株価は急上昇したが、この日は午前中に4410円の高値をつけたあと伸び悩んでおり、いったん利益を確定する動きもみられる。もともと商いの多くない銘柄であり、週末要因もあって、売り予想数が上昇しているようだ。

富山銀の株価は14時45分現在4140円(△185円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均