市場ニュース

戻る
2015年10月23日14時33分

【材料】欧州大手証券、機械セクター(インフラ関連)は上値を意識した展開が期待されそう

ダイキン 【日足】
多機能チャートへ
ダイキン 【日中足】

 クレディ・スイス証券の機械セクター(インフラ関連)のリポートでは、中国国家統計局が発表した中国の9月の新規着工床面積が前年比15%増と、11カ月ぶりに前年比プラスに転じたことを受け、そろそろ中国リスクを懸念した株価の下値リスクは消え上値を意識した展開が期待されそうと指摘。
 自動車販売に続いて着工床面積もプラスに転じ始めたため、中国関連株の物色対象が広がりそうとの見方で、ダイキン工業<6367>やコマツ<6301>などに対してポジティブと解説。同指標は前年ハードルが低いため、当面プラス基調が継続すると予想している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均