市場ニュース

戻る
2015年10月23日14時00分

【市況】14時時点の日経平均は前日比413円高、マザーズ指数は上値重い


14時時点の日経平均は前日比413.75円高の18849.62円で推移している。ここまでの高値は12時44分の18915.64円、安値は9時03分の18746.61円。後場一段高となる場面も見られたが、買いは続かず18800円台半ばでのもみ合いとなっている。一方、マザーズ指数は引続き小幅高とさえない。

売買代金上位銘柄では、トヨタ自<7203>、みずほ<8411>、三菱UFJ<8306>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、野村<8604>、ファナック<6954>、村田製作<6981>、富士フイルム<4901>、ホンダ<7267>、カルビー<2229>、キーエンス<6861>、オリックス<8591>が上昇。一方、セブン&i<3382>、東京電力<9501>がさえない。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均