市場ニュース

戻る
2015年10月23日13時03分

【市況】13時時点の日経平均は前日比419円高、ファナック、ソフトバンクGが強い


13時時点の日経平均は前日比419.71円高の18855.58円で推移している。ランチバスケットは20億円の売り越しとの観測。ランチタイムに225先物が朝方の高値を更新したことから、日経平均は12時44分に本日の高値18915.64円をつけている。一方、マザーズ指数は小幅高のままで上値は重い。

日経平均へのインパクトが大きい銘柄では、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、京セラ<6971>、ホンダ<7267>などが引き続き強い。業種別では33業種全てが上昇しており、証券、不動産、食料品、保険、ゴム製品、機械、海運、電気機器、その他金融などの強さが目立つ。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均