市場ニュース

戻る
2015年10月23日12時44分

【市況】日経平均は468円高で後場スタート、上げ幅広げ18900円を回復/後場の寄り付き概況


日経平均 : 18904.65 (+468.78)
TOPIX  : 1552.08 (+33.86)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は18900円を回復して後場の取引を開始した。ランチタイムの225先物はじり高基調が続いており、現物の後場取引直前には18930円をつけている。昼のバスケットは小幅に売り越しとの観測。円相場は1ドル120円70銭辺りでの推移が続いている。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、KDDI<9433>、ソフトバンクグ<9984>、京セラ<6971>、ホンダ<7267>などが引き続き強い動きをみせており、指数をけん引。

 セクターでは33業種全てが上昇しており、証券、不動産、食料品、保険、ゴム製品、機械、海運、電気機器、その他金融、輸送用機器などの強さが目立つ。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均