市場ニュース

戻る
2015年10月23日11時15分

【材料】富士フイルムが大幅反発、SMBC日興証が投資判断「強気」で新規設定

富士フイルム 【日足】
多機能チャートへ
富士フイルム 【日中足】

 SMBC日興証券が22日付で富士フイルム <4901> の投資判断「1(強気)」、目標株価5500円で新規カバレッジを開始したことが買い材料視された。

 リポートでは、今後はフラットパネルディスプレイ用フィルムの減速をヘルスケア/BtoC復活でカバー、利益成長を加速させるためのM&Aの実施に期待したいと報告。実現すれば、長年の「低ROEによる低PBR銘柄」から脱却できる可能性が高まるとしている。

 同証券では、16年3月期の営業利益を2000億円(会社計画は1900億円)、17年3月期は2300億円と予想している。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均