市場ニュース

戻る
2015年10月23日10時49分

【為替】東京為替:ドル上げ渋り、新たなドル買い材料なくリスク選好の円売り一巡も


ドル・円は120円68銭近辺で推移。日経平均株価は400円高で推移しているが、具体的なドル買い材料は増えていないことから短期筋などのドル買い・円売りは一巡しつつある。ただし、アジア市場でドルが121円台に上昇する可能性は残されている。ドル・円は120円66銭から120円99銭で推移。


ユーロ・ドルはもみあい、1.1072ドルから1.1112ドルで推移。

ユーロ・円は伸び悩み、133円77銭から134円19銭で推移。

■今後のポイント
・国内株高を意識したドル買い・円売りは一服
・120円50銭以下に個人勢などのドル買い興味

・NY原油先物(時間外取引):高値45.60ドル 安値45.22ドル 直近値45.57ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均