市場ニュース

戻る
2015年10月23日10時25分

【市況】概況からBRICsを知ろう~22日のロシア市場は反発、ECB追加緩和示唆で欧米株高に連れる


【ブラジル】ボベスパ指数 47772.14 +1.59%
22日のブラジル株式市場は反発。主要指標のボベスパ指数は前日比746.27ポイント高(+1.59%)の47772.14で取引を終えた。47026.71から47909.00まで上昇した。指数構成銘柄での値上がりは52、値下がりは11、変わらず0であった。

前日の取引終了後、ブラジル中銀が政策金利(14.25%)の据え置きを、2会合連続で決定。政策金利を当面据え置くとの主要方針を維持したことで、22日のブラジル株式市場では買い安心感が広がったもよう。また、ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が12月の追加緩和を示唆したことも好感された。


【ロシア】MICEX指数 1712.10 +0.13%
22日のロシア株式市場は反発。主要指標のMICEX指数は、前日比2.16ポイント高(+0.13%)の1712.10で取引を終了した。1702.66から1718.51まで上昇した。

ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が12月の追加緩和を示唆したことを受けて、欧州株が大幅上昇して引け、米株も上昇スタートした動きに、ロシア株も連れ高となった。ただ、ロシアの7-9月期の企業決算発表を控えていることで、株取引は手控え気味になったとの見方。

【インド】休場

【中国本土】上海総合指数 3368.74 +1.45%
22日の中国総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比48.06ポイント高(+1.45%)の3368.74ポイントと反発した。

売り一巡後に買い戻される展開。利食い売りで前日に急落した流れを継いで小安くスタートしたものの、下値は固く、一進一退しながらプラスで引けた。中期貸出制度(MLF)を通じて、中国人民銀行(中央銀行)が21日に総額1055億人民元を資金供給したことなどが相場を支えている。

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均