市場ニュース

戻る
2015年10月23日08時22分

【市況】週足の雲上限も意識されてくる(訂正)/日経225・本日の想定レンジ


下記のとおり修正します。
(誤)シカゴ日経225先物清算値は大阪比105円安の18435円
(正)シカゴ日経225先物清算値は大阪比415円高の18865円

[本日の想定レンジ]
 22日のNY市場は上昇。欧州中央銀行(ECB)総裁が債券買い入れの拡大を示唆したことで欧州株が全面高となった流れを受け、買いが先行。週間新規失業保険申請件数が予想より少なかったことや、9月中古住宅販売件数が予想を上振れたことも好感された。ダウ平均は320.55ドル高の17489.16、ナスダックは79.93ポイント高の4920.05。シカゴ日経225先物清算値は大阪比415円高の18865円。

 シカゴ先物にさや寄せする格好からのギャップ・アップにより、ボリンジャーバンドの+2σを捉えてくる可能性がありそうだ。短期的な過熱感が警戒されやすく、買い一巡後はこう着感が高まりやすい。ただし、もち合いレンジを明確に上放れる形状となるため、トレンドが強まりやすくなる。一目均衡表では雲下限を突破し、雲上限を意識させる。週足の雲上限も意識されてくるが、終値で18950円を捉えてくると、よりリバウンドへの意識が高まることになる。また、新値足は終値で18770円を上回ってくると、陽転シグナルが発生する。18600-19000円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 19000円-下限 18600円

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均