市場ニュース

戻る
2015年10月22日17時59分

【市況】22日の日本国債市場概況:債券先物は一時148円47銭まで上昇


<円債市場>

長期国債先物2015年12月限
寄付148円43銭 高値148円47銭 安値148円41銭 引け148円45銭
売買高総計12737枚

2年 357回 0.010%
5年 125回 0.050%
10年340回 0.305%
20年154回 1.065%


債券先物12月限は148円43銭で取引を開始し、148円41銭まで下げたが、
午後の取引で148円47銭まで買われた。超長期債の気配が多少しっかり
となったことが要因。日本銀行による追加緩和観測が再浮上している
ことも債券先物相場を下支えした。

<米国債概況>
2年債は0.63%、10年債は2.04%、30年債は2.88%近辺で推移。
長期債利回りは若干上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.58%、英国債は1.83%、オーストラリア10年債は2.62%、
NZ10年債は3.30%で推移。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]
・20:45 欧州中央銀行(ECB)が政策金利発表(0.05%で現状維持の予想)
・21:30 ドラギECB総裁が記者会見
・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:26.5万件、前回:25.5万件)
・21:30 米・9月シカゴ連銀全米活動指数(予想:-0.20、8月:-0.41):
・22:00 米・8月FHFA住宅価格指数(前月比予想:+0.5%、7月:+0.6%)
・23:00 米・9月中古住宅販売件数(予想:539万戸、8月:531万戸)
・23:00 米・9月景気先行指数(前月比予想:0.0%、8月:+0.1%)

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均