市場ニュース

戻る
2015年10月22日16時00分

【特集】ファーストロジック Research Memo(1):「楽待」に加え「大家さんの味方」で成長加速の体制へ


ファーストロジック<6037>は不動産投資用にフォーカスしたポータルサイトの運営会社。同社が運営する「楽待(らくまち)」は国内最大規模を誇る。個人投資家と不動産会社とをマッチングさせることで、公正な不動産投資市場の構築へ貢献することを目指している。

不動産投資用ポータルサイト「楽待」は、物件掲載数、個人会員数、PV(ページビュー)数、アクティブユーザー数などのKPI(重要経営指標)において国内No.1の地位を獲得するとともに、トレンドとしても右肩上がりの状況が続いている。同社の収益はこれらKPIと連動する仕組みとなっており、業績面での高成長は今後も継続すると期待される。

「楽待」からの収益はサービス内容によって「物件掲載サービス」、「提案サービス」、「広告掲載サービス」及び「査定サービス」に分類される。同社の収益規模は加盟店数(もしくは物件掲載数)と1加盟店当たり単価の積によって決定されるが、2つのファクターそれぞれにおいて成長余地が大きいと弊社ではみている。

同社は2015年7月に投資用不動産の管理・リフォーム需要に対応する新ポータルサイト「大家さんの味方」をローンチした。不動産投資家のサイクルは【物件購入⇒管理・リフォーム⇒売却】という流れになるが、「楽待」が購入と売却をカバーし、「大家さんの味方」で管理・リフォームをカバーすることで、不動産投資サイクルのすべてをカバーする体制が整った。同社では「大家さんの味方」からの収益ポテンシャルについて「楽待」と同規模と想定している。

業績面は好調が続いているが、2016年7月期は成長率が一時的に鈍化すると弊社では考えている。新サイト「大家さんの味方」を中心とした商品開発投資や、人材採用に投資を増やす計画のためだ。過去の同社の業績は期初予想を上回ることも多かったが、2016年7月期は次代への投資を優先させるスタンスのため、収益が計画を上回って好調であればそれに応じて投資額を増額する可能性が高い。投資の効果は2017年7月期以降の業績成長再加速という形で実ってくると弊社ではみている。

■Check Point
・不動産投資用ポータルサイト「楽待」が主力事業
・物件掲載サービスと提案サービスで収入の60%を占める
・2016年7月期は引き続き増収増益を予想、将来への投資の年に

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均